BRANDING TAILOR

BLOG

2019/02/27
Co., Ltd.のこと
筆者:大田忍

ビジネスパーソンのためのデザイン知識(2):
Co., Ltd.のこと

【内容】
1. 前置き
2. Co., Ltd.の意味
3. お勧めしない、企業名の大文字のみ表記
4. 海外の企業の表記と国の違い
5. Co., Ltd. / Inc. / Corp. / K.K.の違い

 

1回目は、「ビジネスパーソンのための欧文基礎知識」
欧文書体の種類をざっくり説明いたしました。

次回はイタリック体の予定でしたが、
なにはともあれ、誤用が多いので

今回は、

Co., Ltd.

についてお話したいと思います。

わたしたちブランディングテイラーは、
ブランディングコンサルタント企業ですが、

ブランディングの基礎は、
今あるマイナスをざっくりと消す

というところから始まります。

「より良いイメージづくり」ではなく
「マイナスイメージを作っているところをざっくりと消す」

から始めます。

なぜなら、

てっとり早いからです。

 

今回のテーマも
すぐに着手できて
なんなら数秒で終わってしまうかもしれない
ブランディングです。

ゼロからプラスも
マイナス1からゼロも
同じ効果ですから。

 

さて、本題です。

Co., Ltd.

よく見る日本企業の英語表記の末につけられる
ものですが、
よくある間違いは

Co.,LTD

 

なにが間違いかといえば

  • 「,」のあとに半角スペースがないことと
  • 「LTD」だけが急に大文字表記になっていること。

 

この間違いは、
非常に多くの企業でみられます。

とくに半角スペースのほう。

このさい、
このCo., Ltd.表記に関して
完璧な知識を得てしまいましょう!

 

 

2. Co., Ltd.の意味

「Limited Company」つまり有限責任の会社という意味、
つまり「株式会社」という意味です。

 

ん?「有限会社」とどう違うの?

 

「有限会社」とは2006年まであった
「資本金300万以下、社員数50人以下」の企業という
日本独自の会社形態です。

よって、有限会社に限定して相当する英語表記はなく、
株式会社と同じく

Limited Company

になります。※1

 

Ltd.

Ltd.がLimited「有限責任の」という意味で
Limitedを省略しているので「.」(ピリオド)が付きます。

ピリオドは、省略している文字群を意味しています。

例えば、
誰かが亡くなったときに
よくSNSなどで

「R.I.P.」

という表記を目にしますが(しません?)

Requiescat in Pace

というラテン語の「安らかに眠れ」を省略表記したものです。
「.」に「equiescat」とか「n」とか「ace」が含まれているわけです。

 

Co.

「Company」の略です。
ピリオドが「mpany」を表しています。

 

これが、どうしてか(ご存知の方おしえてください)
倒置して表現しています。

倒置とは、

Company, Limited

ということです。

これが「,」(コンマ)が入る意味です。
そして半角スペースが必要な理由でもあります。

「,」(コンマ)のあとにも
「.」(ピリオド)のあとにも
スペースは入ってきます。

※ピリオドのあとのスペースの数については別の機会に!

以上、これが
Co., Ltd.の意味です。

 

 

3. お勧めしない大文字ののみの表記

欧文で、ルール的に
文中での「大文字のみ」の表記は
ほとんど使われません。

Nikeだろうが、Appleだろうが
文中では、最初の文字のみ大文字です。

しかし、日本企業は
大文字のみ評価を「正式名称」風に
使いがちなところがあり、
文中や企業の英語表記に

BRANDING TAILOR CO., LTD.

などと表記するところが多いです。

日本の大企業にもあります。

例えば、
資生堂

ユニクロの
ファーストリテイリングなど。

別に決定的な間違いでは、ありませんが、
ちょっとだけ違和感のある気配が漂います。

よって大文字のみ表記は、
これから決定するさいには
避けたほうが、良いかと思います。

では、日本と海外の企業の英語表記のちがいをみてみましょう。

 

4.海外の企業の表記と国の違い

日本企業ベスト10
海外企業のベスト10を見比べてみましょう。

日本企業ベスト10は
2019年2月19日に発表された
日経による「企業イメージ調査」
ビジネスパーソンによる総合ランキングです。

海外の企業に関しては
Interbrandという企業による
グローバル企業のブランド価値ランキング2018の
ランキング、ベスト11です(※2)。

 

日本企業ベスト10(の英語表記)
Toyota Motor Corporation
Google Japan LLC
FAST RETAILING CO., LTD.
Oriental Land Co., Ltd.
Apple Japan, Inc.
Ajinomoto Co., Inc.
SoftBank Corp.
Coca-Cola (Japan) Company, Limited
Nike Japan, Inc.
SHISEIDO PROFESSIONAL INC.

 

海外企業のベスト10
Apple Inc.
Google LLC
Amazon.com, Inc.
Microsoft Corporation
The Coca-Cola Company
Samsung Electronics Co., Ltd.
Daimler AG
Facebook, Inc.
McDonald’s Corporation
Intel Corporation
※8位トヨタが含まれていたのでそれを差し引いています。

 

GoogleのLLCについて後ほど説明します。

 

ちなみにサムソンは、
韓国企業なのでCo., Ltd. 表記ですね。

 

ということで海外では
はやり大文字のみ表記がみあたりません。

 

アメリカは、
Corporation
Inc.が多いです。

 

Inc.

「Incorporated」の略で、「株式会社」の意味です。
「モンスターズ・インク」の「インク」ですね。

 

 

LLC

LLCは、「合同会社」の意味で

Limited Liability Company

の略です。

この表記にはなぜか省略の「.」(ピリオド)が
使用されていませんが、「L.L.C.」という表記もあります。

 

余談ですが、

財務関係の方や投資家の方であれば
LLC形態が、

「二重課税を回避できる使い勝手のよい企業形態」

として認識されている方も多いかもしれません。

 

イギリス

Ltd. と plc

が多いです。

 

plc

は、株式公開会社の意味で
Public Limited Companyの略です。

小文字だけや大文字だけもあり
「.」(ピリオド)も使われていません。

理由はわかりません!

Burberry plc

など、この表記です。

ボーダフォンも

Vodafone Group Plc

という表記です。

 

イギリス企業のダイソンは

Dyson Ltd

「Limited」表記です。

 

ドイツ

ドイツ企業の
ダイムラーやアディダスは

Daimler AG

Adidas AG

AGがついています。

Aktiengesellschaft(「アクツィエンゲゼルシャフト」と読みます)。
AGも「アーゲー」と読みます。
ドイツ法における「株式会社」の意味です。

ドイツ企業には、他に

GmbH

「有限会社」の意味の表記もあり、
こちらも日本法の株式会社に相当します(※3)。

 

 

さて、多国も含めてリストアップされたので
表記の種類についてお話します。

 

5. Co., Ltd. / Inc. / Corp. / K.K.の違い

K.K.以外は、もう説明してしまいましたね。

 

K.K.

「株式会社」のローマ字表記

なんと

Kabushiki Kaisha

の略です。
日本語でした!

これは、会社法で制定された表現です。(※4)
時々見かけますね。

たとえば、

アディダスジャパン
adidas Japan K.K.

です。(※5)

 

ほかにも

昭和電工も
SHOWA DENKO K.K.

となっています。(※6)

 

以上、
ビジネスパーソンにむけたデザイン知識
というテーマながらほとんど

欧文表記のルールや慣例

の話に終始しましたが、
お役に立てれば何よりです。

 

参照:

※1: 有限会社(Wikipedia)

※2: Best Global Brands 2018 Rankings

※3: 株式会社 (ドイツ) Wikipedia(日本)

※4: 本法令外国語訳データベースシステム – 会社法

※5: アディダス ジャパン株式会社

※6: 昭和電工