BRANDING TAILOR

BLOG

2021/06/25
他者の行為は、性格のせいだと思いこむ 「行為者ー観察者バイアス」
筆者:-

状況のせい?自分のせい?

問1. 同僚が、家に大事な書類を忘れてきました。このようなことが起きた理由として、どんなものが考えられそうですか?あてはまりそうなものすべてに○をつけてください。

A. そそっかしい性格だから
B. 整理整頓が苦手だから
C. その日は持っていく荷物が多かったから
D. 書類が鞄に入らない大きさだったから

問2. あなたは、家に大事な書類を忘れてきました。このようなことが起きた理由として、どんなものが考えられそうですか?あてはまりそうなものすべてに○をつけてください。

A. そそっかしい性格だから
B. 整理整頓が苦手だから
C. その日は持っていく荷物が多かったから
D. 書類が鞄に入らない大きさだったから

どうでしょうか?同僚の忘れ物については「そそっかしい」などの性格のせいだと考え、自分については、性格より状況によるものだと考えがちではなでしょうか。

 

このように人は、他者については、行為の原因を、その人の性格などにあると考え、自分については、状況によるものとも考えます。自分が行為をしている当事者なのか、行為を見ている観察者なのかよって、帰属させる原因がことなってきます。これを「行為者ー観察者バイアス」といいます。

行為者ー観察者バイアス(Actor-Observer bias)

画像1

行為者観察者バイアス(Actor-Observer bias)とは、

人の行動を、気質によるものとか考え、
自分の行動は、状況によるものと考える傾向

です。

行為者ー観察者バイアスは、行為者ー観察者の非対称性(Actor–observer asymmetry)ともいいます。これが起こる理由は、自分の行動については状況についての知識が十分にある一方で、他者については状況についての知識が不足している、この不均衡な状態です。この行為者ー観察者バイアスは、哲学、経営学、AI、記号論、政治学などにおいて、みられます。

行為者ー観察者バイアスはない?

しかし、バートラム・マル(Bertram Malle)が1971年から2004年の間に発表された仮説の検証をすべてメタ分析した結果、行為者と観察者の非対称性は存在しないという結果が得られました(※3)。この結果について、 マルは、行為者ー観察者の非対称性がないというのではなく、既存のの仮説に根本的な欠陥があると解釈しました。行為者ー観察者の非対称性は1つの理論的定式化においては存在せず、新しい代替的な理論的定式化において存在すると結論づけています。

しかし他の最近の研究では、やはり行為者ー観察者バイアスの存在を示す結果が多数でています。

文化的な違い

行為者ー観察者バイアスは、基本的な帰属のエラー(fundamental attribution error)によるものだと考えられています。この基本的な帰属のエラーは、文化によって異なり、東アジアにみられる集団主義においては、少なく、西洋の個人主義においては多いようです。

対策・応用

他者の行為については気質に加えて「状況をよく知ろうとする」

他者に関しては、行為を気質によるものと考えがちです。これを是正するのは難しい。しかしここに偏りある見方をしてしまう自分の視点の「欠陥」があることを認めないことにはトラブルが発生します。それを前提に、気質に加えて、自分にはよく見えていない「状況」が存在していているので、それも加えて考えるように努めるとトラブルは回避できるようになります。

例えば、子どもの行為についてたしなめたくなるとき、子ども気質以外に、状況をよく知ろうとしてみましょう。あなたに見えてないものが必ずあるはずです。この「子ども」は、部下、上司、同僚、恋人、伴侶など、すべての人に置き換え可能です。

関連した認知バイアス

•基本的な帰属のエラー(fundamental attribution error)
個人の行動を説明するにあたって、気質的または個性的な面を重視しすぎて、状況的な面を軽視しすぎる傾向。帰属バイアスのひとつ。

認知バイアス

認知バイアスとは進化の過程で得た武器のバグの部分。紹介した認知バイアスは、スズキアキラの「認知バイアス大全」にまとめていきます。

フォロー&「いいね!」をよろしくお願いします。

スズキアキラ avatar2

スズキアキラのnoteでは、ビジネスに役立つエビデンスを紹介しています。おもしろい!と思っていただければ、なにとぞ「フォロー」や「いいね!」をお願いします。

参照

※1:Actor–observer asymmetry

※2:行為者-観察者バイアスactor–observer bias

※3:The actor-observer asymmetry in causal attribution: A (surprising) meta-analysis

#科学 #ビジネス #ビジネススキル #エグゼクティブ #経営者 #生産性 #オフィス #認知バイアス