BRANDING TAILOR

BLOG

2021/06/03
人間中心主義(Anthropocentrism)
筆者:-

人間中心主義

人間中心主義(Anthropocentrism)は

動物、物体、抽象的概念などの特徴を人間の感情や行動等に例える傾向

です。人間こそが宇宙で最も重要な存在であると考える思想。人間中心主義とは、世界を人間の価値観や経験に基づいて解釈したり、みなしたりする考え方です。 認知心理学において、人間中心主義を「人間が他の生物とは異なるというバイアス」として捉えています。

ユダヤ教とキリスト教由来の部分

デヴィッド・スズキ博士(Dr. David Suzuki)は、1985年に放送されたCBCのシリーズ番組「A Planet For the Taking」で、旧約聖書にある人間中心主義が、人間の人間以外の動物に対する見方をどのように形成したかを説明しています。

創世記の1章26節

「そして、神は言われた。彼らに、海の魚、空の鳥、家畜、全地、地に這うすべてのものを支配させよう、と」
And God said, Let us make man in our image, after our likeness: and let them have dominion over the fish of the sea, and over the fowl of the air, and over the cattle, and over all the earth, and over every creeping thing that creepeth upon the earth.

儒教の人間中心主義

孟子の人間と動物の区別では、人間だけが道徳的価値を発達させるとしています。 五経の一つである『書紀』でも、人間が最も優れているとしています。 これらの教えは、道徳的価値の発達に焦点を当てているのですが、暗に人間が他の動物よりも優れているということも示唆しています。

認知バイアス

認知バイアスとは進化の過程で得た武器のバグの部分。紹介した認知バイアスは、スズキアキラの「認知バイアス大全」にまとめていきます。

フォローやいいね!をよろしくお願いします!

スズキアキラのnoteでは、ビジネスに役立つエビデンスを紹介しています。おもしろい!と思っていただければ、なにとぞ「フォロー」や「いいね!」をお願いします。

参照

※1:Anthropocentrism

#科学 #ビジネス #ビジネススキル #エグゼクティブ #経営者 #生産性 #オフィス #認知バイアス