BRANDING TAILOR

BLOG

2021/06/03
つい気になっちゃう「注目バイアス」
筆者:-

タバコを吸う人は喫煙所に気づく

喫煙者は、街中でタバコの自動販売機や広告、灰皿など、非喫煙者よりも良く気がつきます。これは日頃から喫煙について繰り返し考えているため、喫煙関連のものに注意が向きやすくなっているからです。これを注目バイアス(Attentional bias)と言います。

注目バイアス

注目バイアス(Attentional bias)とは

繰り返し思考する概念については、より注意して観察する傾向

です。不安傾向が強い人は、そうではない人々に比べて、他者の不快そうな表情に強く反応します。これは日頃から「嫌われたらどうしよう」という不安について繰り返し考えているため。

中毒と注目バイアス

中毒的な行動と注意バイアスと強い相関があることがわかっています。注目バイアスが中毒を特徴づけます。さきの喫煙と喫煙関連の例がわかりやすいでしょう。不安傾向と他者の非難の声や表情にも注目バイアス的な行動傾向の相関がみられます。

対策・応用

人の目が気になるとき「注目バイアスかも」と思うと少し楽になるかも。

その際は、自分に不安傾向があるかもーという考えを他人に対して持つようにするともっと効果的になるのではないかとわたしは考えています(経験的私見)。この試みを容易にするのは、瞑想です。スピリチュアルなものではなく、科学的なもので、自分を他者としてみられるようになると行動変更が簡単になり、不安も減っていきます。詳しくは、瞑想のちゃんと科学的な根拠を紹介したこちらの記事を参照してください。

認知バイアス

認知バイアスとは進化の過程で得た武器のバグの部分。紹介した認知バイアスは、スズキアキラの「認知バイアス大全」にまとめていきます。

関連した認知バイアス

•頻度錯誤
一旦気にし始めると、急にそれを頻繁に目にするようになる錯覚

•選択的知覚
不愉快な情報や、それまでの信念に反する情報はすぐに忘れる傾向

•確証バイアス
仮説や信念を検証するときに、それを肯定する情報ばかりを集め、否定する情報を無視したり、集めようとしない傾向

 

参照

※1:Attentional bias

認知バイアス一覧で社会心理学入門

#科学 #ビジネス #ビジネススキル #エグゼクティブ #経営者 #生産性 #オフィス #認知バイアス