BRANDING TAILOR

BLOG

2021/06/02
選挙予測報道が選挙の行方を左右する「バンドワゴン効果」
筆者:

バンドワゴン効果

画像1

バンドワゴン効果 (Bandwagon effect)とは、

ある選択が多数に受け入れられているとき、その選択への支持が一層強くなる効果

です。認知バイアスの1つ。「バンドワゴン」とは、行列先頭に居る楽隊車で、「バンドワゴンに乗る」とは、「時流に乗る」とか「多勢に与する」という意味です。「バンドワゴン効果」という言葉は、アメリカ合衆国の経済学者、ハーヴェイ・ライベンシュタインが作ったもので、流行に乗ること自体が持つ効果を指して使っていました。

経済学におけるバンドワゴン効果

ミクロ経済学におけるバンドワゴン効果は、「他人の消費量が多ければ多いほど、自分が財を消費すること効果が高まる」というもの。同じような消費者へ影響を与えるものとして先のライベンシュタインは、スノッブ効果ヴェブレン効果を挙げています。スノッブ効果は、バンドワゴン効果とは逆に、人と同じものは消費したくないという効果。ヴェブレン効果は、購入するものが高価であることが効用を高める効果です。

政治に関わるバンドワゴン効果

投票行動にもバンドワゴン効果は及びます。投票が決するまえにマスメディアが選挙予測報道を行うことで、優勢と報じられた候補者に投票が集まりやすくなります。この傾向は、投票の秘密がない場合により強くなります。なぜなら誰に投票したかわかるため、勝者からの報復の恐れなどが発生するため。

 

認知バイアス

認知バイアスとは進化の過程で得た武器のバグの部分。紹介した認知バイアスは、スズキアキラの「認知バイアス大全」にまとめていきます。

関連した認知バイアス

•負け犬効果
勝敗や投票の結果予測で、不利な状況にあると報じられた方に同情票が集まり逆転勝利につながる現象。バンドワゴン効果とアンダードッグ効果を総称してアナウンス効果と呼びます。

 

#科学 #ビジネス #ビジネススキル #エグゼクティブ #経営者 #生産性 #オフィス #認知バイアス