BRANDING TAILOR

BLOG

2019/10/15
【会社の最適化】(1)生産性を高めるのは「スタンディングデスク+α」
筆者:大田忍
「座りっぱなしが身体に悪い」という話は1960年代から言われ続けているのですが、ホントかよ?と疑うような結果が出ている研究もあります。
ars Technica(US)の記事(※2)によれば、
ロンドンに住む5,132人の習慣を16年間にわたって追跡調査した結果、
長時間座る生活を続けたとしても、必ずしも寿命が縮むとは言えないという研究結果がでています。
同じ記事内で
『International Journal of Epidemiology』に2015年に掲載された論文(※1)によれば、
「座ってテレビを観る、オフィスでデスクに向かうなどのさまざまな座る行動を追跡調査した。その結果、特定の行動や座っている合計時間が、死亡リスクの上昇につながることはない」と結論を出しています。
ただし、被験者は比較的身体をよく動かす人たち(同じ地域の人たちの2倍も)だったので、座りっぱなしでも大丈夫!という話ではなさそう
同じars Technicaでの2016年の記事(※3)では、立ちっぱなしも良くないで!って研究結果を紹介しています。同記事での結論は、
スタンディングデスクの効果はよくわからない
というものでした。
また、harvard Health Publishingでの記事(※4)によると
座っているときに比べて立つことで増える消費カロリーは(たった)8カロリー/時間だという。
立っているだけじゃそんな消費しないよ。ということ。
で、
スタンディングデスクの何が問題かというと

立ちっぱなしだったら、座りっぱなしとさしてかわんないよ、っていうかむしろ身体に悪いこともある

ということで、

座っててもいいし、立っていてもいいから、動け

というのが結論になります。

座りっぱなしでどうやって動くのかというか、

というと、机の下におけるタイプのバイクマシンがありますぜ。

サイクリングワークステーション

座りっぱなしでもサイクリングマシンがあれば、効果があって
2019年のカナダの研究でメタ分析したのが
  • スタンディングデスク
  • サイクリングワークステーション
  • トレッドミルデスク
の効果ってどうなの?と調べたものあります。(くわしくはパレオな男のブログを参照※6)
全部、健康にも生産性にも良かったんだけど、
サイクリングワークステーションは(トレッドミル+デスクと同様に)注意力を増やし、退屈感を減らし,情報処理スピードを上げたとのこと。悪くなさそうな結果ですよね。
いやスタンディングデスクがいいな!
ってかたには、どうやって動くのが良いのか、というと
トレッドミル or ステッパー
わたしがいつも参照しているエビデンスブログ「パレオな男」の著者、鈴木祐さんはステッパーからはじまり、今ではトレッドミルで毎日3万歩歩きながら原稿を打っています。

トレッドミル

机の下におければいいので、こんなおしゃれなトレッドミルがあります。
¥46,900
歩く専用のトレッドミルで、リモコンがついていたり、アプリと連動できたりします。そして何よりおしゃれ。
まずは安いものでやってみたい!という場合は、
1万円台からけっこういろいろあります。が、鈴木祐さんは、毎年使い倒して新調しているようです。

ステッパー

メンタリストDaiGoさんや鈴木祐さんが使っているのは、5.5万〜6万ちょっとする(高い!)これ
Xiser社のステッパー
わたしは、というと
安めのステッパーを使っています。
¥8,989
でもAmazonレビューではあんまり評判が良くないんですよねー。実際にちょっとうるさくてマンションなら階下の方への騒音が気になります。オススメのものがあれば、こちらまでご連絡ください。現在10ヶ月使い続けていますが、特に壊れてはいません。

スタンディングデスク

ちなみにスタンディングデスクについては、「よしスタンディングデスクを始めよう!」と思い立ったとき、わたし、8万くらいする大きめの、座って使うデスクを買ったばっかりだったので、新調するのがいやで、その上に載せて使えるスタンディングデスクを購入しました。
¥31,000
現在ではスタンディングデスク、けっこう安くなっていて法人限定のこれなら5万を切ります。
さて、どうかしら?って研究もありますが、良いんじゃね?って研究のほうがどうも多そうなので、トレッドミルかステッパーを使いながら使うのが、健康と生産性に良さそうです。
社員の生産性を高めるなら、昇降可能なデスクをそれぞれ購入するよりは、座れるデスクとスタンディングデスクをそれぞれわけたほうが経済的に良さそうです。
最後に、やっぱり座りっぱなしって身体に悪い&スタンディングデスクは身体と心に良いって研究を紹介していきます。

スタンディングデスクの良い効果

Mentalist DaiGo Official Blog「1円もかからず1.46倍はかどる仕事&勉強術」(2019年)
生産性が1.46倍になるし、脳機能も向上する。
1日に1時間36分やると効果が現れる。
1ヶ月以上やらないと効果が現れない。
理解力、記憶力、マネジメント力が高まる。
パレオな男でも同じ研究が紹介されています。

Business Insider 「座りすぎの死亡リスクは最大40%増——日本人は世界一座りすぎている」

早稲田大学スポーツ科学学術院の岡浩一朗教授によると、
「がんの場合、座っている時間が長いほどがんの罹患リスクが高くなる。顕著なのは大腸がんと乳がんで、座りすぎによって大腸がんは30%、乳がんは17%も罹患リスクが上がる」
ちなみに日本人は、20カ国中一番に座りっぱなしで、1日7時間。
(図は以下より引用:https://www.businessinsider.jp/post-106010
この記事および岡教授によると、座ることが悪いのではなく
座りっぱなしが良くない
とのこと。
30分に1度、休憩をとって動くと良い
ようなので、
で紹介した25分+5分のポモドーロ・テクニックを使うとぴったりです。

子どもの勉強効率が12%アップする

7〜10歳の小学生282人が対象の研究。
結果
  • 作業の達成度が12%アップ!
  • 教師の質問に手をあげる回数がアップ!
  • グループディスカッションへ積極的に参加!
  • ムダ話が減少!

スタンディングデスクこそが最強の老化防止アイテムかも

スウェーデンのウプサラ大学の実験で、座ったままの暮らしを続ける101人の男女を対象に、テロメアの長さを調べた結果、
座る時間が短い被験者ほど、テロメアが長くなってることがわかった
とのこと。
テロメアとは、染色体の端っこにある寿命を決める部分。これが長いほど老化しにくいと言われています。
イギリスの
でも、座りっぱなしは良くないでーって、すごくざっくり警告しています。
と、こんな感じ。

まとめ

  • スタンディングデスクは良さげだけど、ステッパーかトレッドミルと合わせて使いたい
  • 座るデスクでも、座りながら運動できるサイクリングマシンが有効そう
  • 座りながらでも、30分に一度3分以上歩くと良いみたい(だからポモドーロ・テクニックが良いよね)
  • スタンディングデスクの良さそうな効果は、子どもにも効きそう
  • スタンディングデスクの良い効果は、理解力、まとめる力、記憶力、時間のマネジメント力、老化防止など。
  • やるなら少しずつ、そして2ヶ月以上やらないと効果がでない
  • 会社だけじゃなくって、うちでもあんまり座らないほうが良い というかよく動くのが良い。
参照記事
※5 Health and productivity at work: which active workstation for which benefits: a systematic review.
※6 机の下に置くタイプのエクササイズマシンが健康と脳機能アップにいいぞ!というメタ分析