BRANDING TAILOR

BLOG

2020/01/15
【良いモノ・アーカイブ】№33 TAG Heuer(タグ・ホイヤー)_腕時計
筆者:大田忍

(出典:公式サイト 日本限定「タグ・ホイヤー カレラ ブルーコレクション」

概要

公式サイト(日本)

公式サイト(海外)

タグ・ホイヤーは、もともと創業者の名前エドウアルト・ホイヤー由来のホイヤーでしたが、1985年にTAGグループから支援を受けてブランド名を「TAG Heuer(タグ・ホイヤー)」に変更しています。

TAGグループは、サウジアラビア人の実業家、Mansour Akram Ojjeh(マンスール・アクラム・オジェ)によって率いられている持株会社。ルクセンブルクを基盤としています。

TAGとは、Techniques d’Avant Garde(テクニーク・ダバンギャルド )の略で、先進技術への投資をメインとして、サウジアラビア人のAkram Ojjeh(アクラム・オジェ)によって設立された投資会社でした。

その名を冠したまま、1999年よりLVMH(モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン)の傘下になっています。

モデル名にレース関連のものが多いことからもわかりやすいですが、自動車のレースとの結びつきの強い腕時計ブランドです。

2018年に東京・銀座に次世代ブティックをフラグシップストアとしてオープン。次世代と謳う所以は、ディスプレイにタッチするだけで自分だけの1本を作れるコネクテッド什器。時計を構成するパーツであるケース、ベゼルなどをモジュラーと呼び、それらを組み合わせることで自分だけのモデルを作ることができるようです。

 

 

 

歴史

1860年 ドイツ系スイス人、エドウアルト・ホイヤーがエドウアルト・ホイヤー・ウォッチメーカーズ設立

1869年 ビールに移転

1892年 エドウアルト・ホイヤー死去

1916年 世界初、100分の1秒まで計測可能なストップウオッチ『マイクログラフ』を開発

1920年 アントワープオリンピックの公式計時を担当

1929年 ホイヤーのロゴが作成される

1967年 自動巻クロノグラフ、キャリバー11の開発を始める

1969年 角型時計として世界初の防水クロノグラフ『モナコ』、世界初の自動巻きクロノグラフ『クロノマチック』を発表

1971年 スクーデリア・フェラーリのF1公式計時を担当。スティーブ・マックイーンが映画『栄光のル・マン』で『モナコ』を着用。
スイススキー連盟と契約を締結し、スイススキーチームがホイヤーのクロノグラフを使用するようになる

1982年 ピアジェの傘下に入る。

1985年 ピアジェの傘下から離れ、TAGグループからの資金援助を受けて『ホイヤー』から『タグ・ホイヤー』に社名を変更

1999年 LVMHの傘下に入る

 

主な商品と価格

(画像と価格はオフィシャルサイトより)

 

カレラ

名前の由来は、ポルシェの「カレラ」と同じ。1950年から1954年にかけてメキシコの公道で開催された(後に復活)「Carrera Panamericana Mexico (カレラ・パナメリカーナ・メヒコ)」というレース。8日間で3000km以上を走破する、危険の多い過酷なレースでした。タグ・ホイヤーの「カレラ」の特徴は、視認性を高めるためにケースぎりぎりまで広げたダイヤルと腕なじみを良くするために伸ばしたラグ。ラグとはベルトと本体をつなげる部分。

Tag Heuer

キャリバー16 デイデイト
自動巻クロノグラフ
555,500円(税込)

 

 

フォーミュラ1

文字通りF1レースの世界観を表現したモデルシリーズ

Tag Heuer

タグ・ホイヤー フォーミュラ1 クォーツ
165,000円(税込)

 

 

 

アクアレーサー

タグ・ホイヤー のダイバーズウォッチシリーズ

Tag Heuer

アクアレーサー キャリバー16
自動巻きクロノグラフ
434,500円(税込)

 

 

 

オータヴィア

もともとはダッシュボード計器として誕生したモデルで、automobile(自動車)とaviation(航空機)を組み合わせて付けられた名前。クロノグラフと回転式ベゼルを特徴して1985年まで生産されていました。現在販売されているのは、「冒険と不屈の精神」をテーマに再開発されたモデル

Tag Heuer

オータヴィア ウォッチ キャリバー5 クロノメーター
自動巻き
456,500円(税込)

 

 

 

モナコ

スティーブ・マックィーンが1971年のアメリカのカーアクション映画『栄光のル・マン』(原題は、Le Mans)で着用していたモデル。

(出典:タグ・ホイヤー公式サイト「スティーブ・マックイーン着用のタグ・ホイヤー モナコ」

 

Tag Heuer

モナコ キャリバー ホイヤー02
自動巻きクロノグラフ
704,000円(税込)

 

 

 

リンク

アイルトン・セナが愛用していた「プロフェッショナル S/el(セル)クロノグラフ」の後継モデルシリーズ。ブレスレットは、「人間の背骨」をモチーフにデザインされています。

 

Tag Heuer

リンク キャリバー17
自動巻き
533,500円(税込)

 

 

 

 

タグ・ホイヤー コネクテッド モジュラー

タグ・ホイヤーのスマートウォッチ。

Tag Heuer

TAG HEUER CONNECTED MODULAR
SILVER TITANIUM, CERAMIC BLACK MATTE BEZEL
170,500円(税込)

 

 

 

ロゴ

イギリスのエリック・ギルがデザインしたGill Sansがロゴ(文字部分)に使用されています。

Gill Sansも人気で、さまざまなブランドや企業で使用されています。例えば、イギリスの国営放送、BBC、ファッションブランド、Margaret Howell、テーブルウェアブランド、ウェッジウッドなどのロゴに使われています。

 

 

まとめ

ラグジュアリー腕時計ブランドの中では、かなり手頃な価格のタグ・ホイヤー。車やレース好きにとって魅力的なアネクドートのあるブランド。特にポルシェやマクラーレンが好きなら惹かれる要素がいくつかあります。

 

参照

TOKEI TSUSHIN  by KOMEHYO 「タグホイヤーの高い知名度は、アイルトン・セナのおかげ!? ~“セナモデル”の貢献~」

GQ「タグ・ホイヤー「カレラ」が50周年、そしてポルシェ「911カレラ」も50周年」