BRANDING TAILOR

BLOG

2020/02/14
【良いモノ・アーカイブ】№44 Artek(アルテック)_家具
筆者:大田忍

出典:Artek Official website

 

概要

Artekは、フィンランドのヘルシンキに1935年に設立された家具ブランド。

理想主義の四人の若者が、「家具を売り、展示と啓蒙的な手段でモダニズム文化を促進すること」を目的として設立した企業えす。

“to sell furniture and to promote a modern culture of living by exhibitions and other educational means.”

from official website

4人の若者たちの名は、

アルヴァ・アアルト、アイノ・アアルト、マイレ・グリクセン、ニルス=グフタフ・ハール。 (Alvar and Aino Aalto, Maire Gullichsen, and Nils-Gustav Hahl)

 

公式ウェブサイト(日本)

公式ウェブサイト(英語)

 

アルテックの製品は、手作業によってではなく工場で製造されていますが、それを支えているのは、職人たちのクラフトマンシップ。

 

アルテックの製品を特徴づけているアルヴァ・アアルトの曲げ木の技術

ラメラ曲げ木:数ミリの厚さの薄いバーチ材の板を木目が揃うように重ね合わせて曲げる技法

L-レッグ:アルヴァ・アアルトが1930年のはじめに開発し、特許を取得した曲げ木の技法で、無垢材の先端から曲げる部分まで切れ目を数ミリ間隔で入れ、そこに薄いベニヤ板をはさみ、熱を加えながら曲げる技法

 

Alvar-Aalto_3

Alvar Aalto

 

Ainoaalto_Portrait_1932_Photo_Alvaraaltoestate

Maire-Gullichsen_2
Nils-Gustav-Hahl

 

Artekというブランド名は、フィンランド語ではなく、芸術(Art)と技術(Technology)を組み合わせたいというマニフェストを表明するために作られた新語です。

イギリス発のアーツ・アンド・クラフツのムーブメントの影響がドイツに及んで形成された バウハウスムーブメントの影響下で生まれ育ったマニフェストとも言えます。(がゆえに、ブランドロゴは、バウハウス

 

アルテックといえばアアルト、アアルトといえばスツール/主な製品と価格

(写真はArtek official website。価格は、Sempre)

Stool 60 clear lacquer_WEB

Stool 60
デザイナー: Alvar Aalto
1933年デザイン

26,400円(税込)

 

 

Pirkka Stool_44cm

Pirkka Stool

デザイナー: Ilmari Tapiovaara
1955年デザイン

96,800円(税込)

 

 

Kanto Magazine-/Firewood Rack PN001 clear lacquer_WEB

Kanto Magazine-/Firewood Rack PN001

デザイナー: Pancho Nikander
2004年デザイン

20,900円(税込)

 

 

Pendant Light A331 _Beehive_ brass_WEB

Pendant Light A331 “Beehive“

デザイナー: Alvar Aalto
1953年デザイン

110,000円(税込)

 

 

Pendant_Light_A330S_Golden_Bell_WEB

Pendant Light A330S “Golden Bell“

デザイナー: Alvar Aalto
1937年デザイン

45,100円(税込)

ヘルシンキのサボイレストランの為にデザインされたペンダントライト。オーガニックなフォルムは一枚の真鍮から造られています。

 

 

Ovalette Table oak_1_WEB

Ovalette Table

デザイナー: Ilmari Tapiovaara
1954年デザイン

331,100円(税込)※FLYMEe

 

 

 

Trienna Table oak_WEB

Trienna Table

デザイナー: Ilmari Tapiovaara
1954年デザイン

108,900円(税込)※FLYMEe

 

 

Tea Trolley 901 black laquered dark version by Hella Jongerius_WEB

Tea Trolley 901

デザイナー: Alvar Aalto
1936年デザイン

286,000円(税込)

 

 

Kiila Coat Stand clear lacquer_1

Kiila Coat Stand

デザイナー: Daniel Rybakken
2017年デザイン

51,700円(税別)※ヤマギワオンラインストア

 

 

 

ロゴ

出典:Artek on Wikipedia

ベースになっている書体は、

Futura
ファミリー:Bold
デザイナー:Paul Renner
デザインされた年:1927年

Futuraは、ラテン語で「未来の意味」でドイツにおけるバウハウスのムーブメントに関連して捉えられがちな書体。ただし、バウハウスに関連してデザインされたわけではなく、New−Frankfurt プロジェクトへの貢献のためにデザインされた書体です。

バウハウスとは、第一次世界大戦後にドイツ中部の街のワイマール共和国に設立された美術学校。

ウィリアム・モリスをはじめとするイギリスのアーツ・アンド・クラフツ運動の影響がドイツに及び、設立された経緯があります。

Futuraをベースにしたブランド/企業ロゴは多いです。

Omega Logo

Omega

 

Louis Vuitton Logo

Louis Vuitton

 

Jil Sander Logo

Jil Sander

 

Dolce & Gabbana Logo

Dolce & Gabbana

 

ときりがない。

幾何学的なこの書体は、プロポーションが古代ローマの碑文をベースにしているため、美しく、それでいて幾何学的な洗練のされ方をしているので、古典的な美の定理とモダンな方向性を哲学にしたブランドがそのコンセプトを体現するために使用することが多い。

 

 

参照:知っているようであまり知らない「バウハウス」のこと

参照:Font Meme “Famous Logos Created with Futura Font”

 

 

 

まとめ

フィンランド、ヘルシンキの家具ブランド、Artekは、無垢の木を使って自然なテクスチャを持ちながら、造形は幾何学的。バウハウス的なトライアルを経たデザイン哲学をそこに観る気がしますが、フォルムはそれでいて冷たくなく、温かい。ロゴに使われている書体、Futuraの持つ気配と共通している気がします。アルヴァ・アアルトのデザインが、シグニチャーというかフラグシップになっていますが、名前が示すように「芸術と技術の融合」を目指す姿勢は、誰のデザインでも通底しています。スツール60が有名ですが、それ以外にも素敵な製品がいっぱいです。例えばこんな貯金箱もあります。

 

Secrets of Finland, Pauper coin collector_F

Pauper Coin Collector

Pauperとは、貧乏人という意味です。