BRANDING TAILOR

BLOG

2020/11/18
【ロゴ・アーカイブ】№66 Intel(インテル)_電気機器
筆者:大田忍

2020年にロゴが変わったインテル

ここ数年でロゴを変更する企業、ブランドが多くあり、その方針に大きくメディアの変革が影響を及ぼしています。つまり、紙ではなくソーシャルメディア、テレビではなくスマートフォンという変革。これによりロゴは、読みやすく視認しやすい方向に変更されています。

 

 

インテル(Intel)

インテルは、言わずとしれたアメリカ合衆国の半導体チップ製造企業。創業は1968年。本社所在地はカルフォルニア州サンタクララ。

 

業種:電気機器

設立:19 68年

創業者:ロバート・ノイス(Robert Noyce)、ゴードン・ムーア(Gordon E. Moore )(ムーアの法則のムーア)

本社所在地:アメリカ合衆国、カリフォルニア州サンタクララ

従業員数:11万800人(2020年)

市場:NASDAQ

URL: www.intel.com

 

 

ロゴ・シンボルマーク

インテルは、2020年にブランドをリニューアルし、それに伴ってロゴを変更しています。

 

新しいブランドの動画

 

 

インテルのロゴの遍歴

IT系はロゴの変化のスピードがいくぶんはやい傾向があります。

 

1968–2006

 

2006–2020

 

2020–現在

 

 

インテルの制定書体

もともとはNeo Sans。2020年からIntel Clearというオリジナル書体へ変更されました。

 

Neo Sans Font Poster 1

Neo Sans
(画像引用:Myfonts)

種類:サンセリフ体、ヒューマニスティック

デザイナー:Sebastian Lester(英国)

デザインされた年:2004年

パブリッシャー:Monotype

Neo Sansは、ロイターのロゴにも使用されています。

 

 

tittle

Intel Clear
(画像引用:Typography Daily “Intel Clear: a new corporate font for Intel”

種類:サンセリフ体、ヒューマニスティック

デザイナー:Red Peak and Dalton Maag

デザインされた年:2020年