BRANDING TAILOR

BLOG

2021/03/17
予算、時間、リスクはいつも予想を上回るもの。その対策はどうしたらいいのか? 「計画の誤謬」
筆者:

 

夏休みの宿題ならかわいいものですが、東京オリンピックの予算は当初は7000億円でしたが、3兆円にまで膨れ上がってしまったことは、ぜんぜんかわいくない実例ですが、わたしたちは予想していたより、計画の完了に時間、お金がずっとかかってしまったり、リスクを過小評価してしまったりしてしまいます。どうしてなんでしょう……

計画の誤謬

計画の誤謬とは

計画の達成にかかる時間、コスト、リスクを過小評価する傾向

です。これは楽観主義バイアス(後述)による影響で、自分の計画に対してのみ発生するバイアスです。自分以外が計画達成にかかる時間やコスト、リスクは過大評価します。これは悲観主義バイアスによるものです。

論拠

個人の場合
1994年の研究では、37人の心理学の学生に論文を完成させるのにかかる時間を見積もってもらいました。結果は、平均33.9日。また学生たちは「すべてが可能な限りうまくいった場合」は平均27.4日、「すべてが可能な限りうまくいかなかった場合」なら平均48.6日と見積もりました。実際の論文の完成にかかった時間は平均55.5日でした。予測した時間内に論文を完成させた学生は全体の約30%でした。

Exploring the “Planning Fallacy”: Why People Underestimate Their Task Completion Times

グループの場合
2005年のセス・E・カーターらの研究によるとグループの場合でも計画の誤謬の発生が認められました。

“The Hourglass Is Half Full or Half Empty: Temporal Framing and the Group Planning Fallacy”(2003)

https://psycnet.apa.org/record/2005-11262-003

ノーベル経済学賞受賞者のダニエル・カーネマン(Daniel Kahneman)とエイモス・トベルスキ(Amos Tversky)(1977年)

Intuitive Prediction: Biases and corrective Procedures

Dan Lovallとダニエル・カーネマン(Daniel Kahneman)(2003年)
Delusions of Success: How Optimism Undermines Executives’ Decisions

なぜ計画の誤謬が発生するのか

楽天主義バイアスによって、計画はかんたんに完了するだろうと考えてしまうというもの。または自己奉仕バイアス()によって、自分たちのせいではなく、外からの影響によって計画の遂行が遅れてしまったと考え、過去をふりかえって再見積もりするときに実際よりも早く計画が完了すると考えるという説もあります(Roger Buehlerら)。その他に人は、過去の出来事をちゃんと思い出せず、記憶を過小評価して書き換える傾向もあるようです。

応用・対策

計画の段階をいくつかにわけて、具体的に誰が、いつ、どこで?ということを設定していくとひとはだんだん楽観主義じゃなくなっていきます。そして計画を具体的にしたことで実行しようとする意志が強くなります。

ベンチャー企業の成功率と日本のビジネスで3年連続黒字だった企業はともに全体の5%。95%ものベンチャー企業が失敗し、95%の日本の企業が3年連続は黒字にできないでいます。これを念頭におくと楽観主義バイアスを軽減できるかも(※1)。

また計画のセグメントと具体化を行ったら、実際に掛かった時間を記録して、見返し、アーカイブすると「何にどれくらい時間がかかる」という予測が正確になっていきます。

おすすめの本

ファスト&スロー (上) www.amazon.co.jp

752 (2021年03月17日 20:32時点 詳しくはこちら)
Amazon.co.jpで購入する

関連

楽観主義バイアス(№071)

認知バイアスとは

認知バイアスとは、進化の過程で獲得した、「こうすれば上手く生きられる可能性が高い」という行動セット。しかしケースによってはうまく機能しないバグになることもあります。これを知っておくと遺伝子に負けません。認知バイアス大全ではそんな認知バイアスを紹介しています。

236個の認知バイアスをこちらの記事で一覧にしています。計画の誤謬は№078。

まとめ

個人に限らず、集団、組織でもこの計画の誤謬が発生するところが肝です。組織において「計画の誤謬」の知識をシェアし、楽観主義バイアスで発生するずれを補正する工夫をプロジェクトマネジメントに組み込むと精度の高い計画管理ができることでしょう。セグメント、具体化、そして記録が対策の要諦です。

 

参照

※1