BRANDING TAILOR

BLOG

2021/02/18
【植物コレクション003】 ローズマリー   
筆者:-

植物の知識が欲しくて気になった植物を調べてためていくためのマガジン【植物コレクション】。№003は、西鎌倉の住宅街でこれでもか!というくらいにみかけるローズマリー。ハーブの1種ですね。

 

ローズマリー

画像1

英語:rosemary。和名:マンネンロウ(迷迭香)。

地中海沿岸が原産。シソ科。常緑性低木。生葉、乾燥葉をハーブ、香辛料として使います。おなじみですね。花も可食!水蒸気蒸留法で抽出する精油も薬として使うそうです。

精油とはエッセンシャルオイルとも言い、植物の揮発性の油。水蒸気蒸留法や熱水蒸留法で抽出します。

名前の意味

属名のRosmarinusは「海のしずく」という意味。ヨーロッパでは、悪魔から生者を守る力が持つと考えられていました。

生態

高くなると1.8メートルに達します。暑く乾燥した気候を好むけれど、耐寒性もある。播種でも挿し木でも繁殖させられます。

播種(はしゅ)とは、種を蒔くという意味。

根腐れを起こしやすいので、水のあげすぎには注意。

種類

種類が豊富で、立性と匍匐(ほふく)性がある。匍匐性とは低く這う傾向を意味しています。花は、青、紫が多いけれど、白や桃色もある。

立性のローズマリー:トスカナブルー、マジョルカピンク、マリンブルー、ミス・ジェサップ、レックス

匍匐性のローズマリー:フォタブルー、プロストラータス、モーツァルトブルー

薬効

記憶力を高める効果があると言われています。実際に検証した研究もありました。(※1)この研究では、ローズマリーで幸福感がアップし、気持ちが良くなったので脳機能も向上したのでは推測しています。

4人の泥棒の酢

Four thieves vinegar。ヨーロッパでペストが大流行したとき、ペストで死亡した人々から盗みを働いた泥棒たちがいたが、彼らはペストに感染しないという話がありました。彼らは、セージ、タイム、ローズマリー、ラベンダーなどを酢につけてつくltたものを塗ってペストの感染を防いだと言われ、それを「4人の泥棒の酢(Four thieves vinegar)」と呼んでいました。

ハーブ

消臭効果、抗菌作用、抗酸化作用があり、肉の鮮度、魚の生臭さを消す素材として利用されます。ラム、豚肉、青魚の臭みを減らし、じゃがいもや鶏肉に風味を加える効果があり。ジャーマンポテトやフォカッチャにもよく使います。

肌へのダメージやシワが減る効果があるみたい

2016年発表の論文で平均52歳の90人の女性を対象したもので、ローズマリーとグレープフルーツサプリを1日100mgとると1ヶ月でシワの深さが17%減り、肌のダメージが20%減っています。

参照

※1