BRANDING TAILOR

BLOG

2020/11/13
恋愛の科学(2)モテない特徴ワースト10
筆者:大田忍

恋愛の科学は、恋愛を心や運命ではなく、科学の視点から捉えるシリーズです。2回目は、「モテない特徴ワースト10」。

※同じ内容の記事をおおたしじみの名前でnoteでも連載しています。

「成功する方法はわからないが、失敗しない方法はわかっている」という言葉を何かビジネス書で読んだ気がします。たしかに成功は、定義をおいておいても必勝法なんてのはなさそうなのは、火を見るより明らかかもです。逆に失敗には共通項があるので、そこから学ぶのは、成功の法則を見つけるよりたやすいかも。

というわけでモテない特徴を知っておくのはためになるかもしれません。

今回は、Peter K Jonason博士らの2015年の研究が論拠です。※1

2744人の独身男女を多少にヒアリングした結果です。

パートナーに選びたくない特徴ワースト10

1位 不潔・だらしない(67%)

2位 怠け者(66%)

3位 貧乏すぎ(63%)

4位 ユーモアがない(54%)

5位 会うのに3時間以上かかるところに住んでいる(49%)

6位 セックスが下手(47%)

7位 自信がない(40%)

8位 テレビ・ゲームに夢中すぎ(33%)

9位 性欲が低い(33%)

10位 頑固(33%)

モテる理由・モテない理由の根底にあるもの

わたしたちには、心があって、運命みたいなものもまあまああって、ひとりひとりかけがえのない存在だ、という考えを1回捨てて、人間を観てみるとします。実際に科学者たちはそう努めていて、行動経済学、進化心理学はともに人間を現象としてとらえています。

このあたりの本が、自分のしらない自分が行動を決定していることをわかりやすく解説してくれています。ダニエル・カーネマンさんはノーベル賞受賞者です。

 

1)繁殖の可能性

繁殖とは何かというと繁栄と生殖です。元気なこどもを産んで、元気に育てられる、ということです。女性を子どもを産むべき存在として扱う気持ちが悪い古の社会的風潮みたいなものがありますが、あれ大嫌いですが、人間はきほんわたしたちの理性や意識とは関係なく、

子どもを作るぞ!

という命令に沿って行動しています。どういうことかというとイケメンとか美人って何か?っていうと元気な子どもを産ませてくれそう、産んでくれそうという特徴を指しています。きれいな肌、艷やかな髪、整った左右対称性など。つぎにお腹が出ていない女性がモテるのは、妊娠してない可能性が高いから。若い女性がモテるのは(世界的に、全世代の男性にモテるのは22歳くらいの女性)、元気な子どもを産める可能性が高いから。

この命令みたいなものは、文化的に生きていようが、理性が強かろうが、作用しています。

 

2)ステータスが高いほうが資源を得やすい

一方で、男性は年上が好まれる傾向がありますが、それは年上のほうが資産が多い可能性が高いから。またはステータスが高い可能性が高いから。単に年齢だけみると女性は30歳くらいまでは年上を、それ以降は少し年下を好む傾向もあったりします。

さて、ちょっと大雑把ながらこれらの背景を知った上で、先のランキングをみてみましょう。

1位、5位、6位、9位は、子孫をつくることに関連したネガティブな特徴です。じつに4つも子どもを作るのに不向きな特徴が入っています。

2位、3位、7位、8位は、ステータス関連。ようは「出世しなさそう」な特徴です。こちらも4つも入ってきています。

 

3)一緒に暮らしていきやすいか、も大事

のこりの4位と10位は、何かというと「一緒に生きていくのに不向きな特徴」ということになります。わたしたち、子どもを作るだけじゃなくって社会的に生きていく必要だって感じていますから。

 

まとめ

ということで、これらの特徴一つ一つに気をつけると言うよりは、背景にある3つのカテゴリを念頭においておくと非モテ、モテの特徴を理解しやすくなるでしょう。

ただ上記のカテゴリのうち8割も繁殖関連のものだということは、まあまあはっとさせれます。わたしたち人間も動物であり、現象なんだなぁとしみじみ思った次第です。

参照

※1

パレオな男「2744人に聞いてわかった特に嫌われがちな「非モテの特徴」ワースト17」