BRANDING TAILOR

BLOG

2021/04/13
人の名前の心理的な効果とは
筆者:-

 

ビジネスと人生に使える科学の話。今回は「名前の効果」について。

 

発音がしやすい名前と発音が難しい名前では、

発音しやすい名前のほうが、好感度と信頼度が高い

そうです。(※1)2014年のニュージーランド、Wellingtonのヴィクトリア大学の研究。そのうえ、選挙でも勝ちやすいそうです!(※2)すごい、簡単な名前。理由としての推測は、古くから人間はなじみのある情報は信じやすく、なじみのないものを危険と判断する傾向があるためではないかと言われています。

人間は自分の名前の影響を受けているかも

2017年のヘブライ大学の研究で「人間の見た目は、名前に似ている」という研究結果がありました。(※3)名前が人に与える印象というものがあり、それが自分にも影響を与えているのかも知れません。

ブランドの名前も製品の印象やブランドの印象に影響を持っていました

1987年のMinnesota大学のメタ分析によると価格と知覚品質、およびブランド名と知覚品質の間には生の関係がありました。(※4)

知覚品質とは「その商品に対してのクオリティーの印象」という意味。

まとめ

名前は重要。認識しやすく、親しみがある名前の方が好感度及び信頼度が高くなると言う研究からも、人の名前やブランド名は人気が高いほど良い効果があるようです。

参考

※1

※2

※3

https://psycnet.apa.org/record/2017-08698-001

※4

#科学 #ビジネス #ビジネススキル