BRANDING TAILOR

CREATIVE LIBRARY

からすのパンやさん
加古 里子 (著)

Amazonで詳細を見る

  • ジャンル:
    その他
  • 読了時間:
    15分
  • 形態:
  • 読んだ人:
    大田忍
  • 評価:
    オススメ

世界が広がるかわいい古典レベルの絵本

あとがきにもありますが、加古里子さんは、ロシアのモイセーエフ舞踏団の「パルチザン」演目に出てくる、雑踏に見えて、その実各人各様のキャラクターがある多様な様子にインスパイアされて、この絵本でのカラスの描写をしてみたそうです。

モイセーエフ舞踏団の「パルチザン」Youtube

 

多くのカラスがでてきますが、みな表情や仕事や姿が異なります。そして出てくるパンもまた、みていてワクワクしてしまいます。イタリア、ボローニャに在住のワイヤーアーティスト、小林千鶴さんのInstagramで見かけてしったのですが、この「カラスのぱんやさん」に出てくるパンのレシピ本もあるようです。

絵本『からすのパンやさん』のパンをつくろう!

宮崎駿さんの映画『風立ちぬ』のモブシーン(大勢の人間がいっぺんに動くシーン。地震が起こるところ。)でも、同じように各人各様の描写にこだわって、大変な時間をかけていたいました。みなひとりひとりそれぞれの人生があるということを、うすぼんやりとわたしたちはこの絵本から学ぶのではないでしょうか。子供に限らず。

多くの人に、あまり好かれない烏ですが、この絵本を読むと

あ、ぱんやさんのカラスかも?と想像して笑えるかもしれません。

 

この絵本ひとつで、わたしたちの世界は、夕焼けのように広がっていきます。

 

大田 2019年127冊目。

(2019/08/07)